地球人

主要キャラ(戦士)

武天老師(むてんろうし)
声:宮内幸平(一時代役(無印第137話):八奈見乗児)→増岡弘(Z第288話〜)、佐藤正治(「ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる」のみ)、愛川欽也(ドラゴンボール 最強への道)

別名:亀仙人(かめせんにん)。かつてはその名を広く知らしめた武道の達人で、悟空たち亀仙流の師匠である。

名の由来は特になく、「武天老師」は強そうな名前を考えたと鳥山が発言している。


クリリン
声:田中真弓

亀仙人に弟子入りにきた少年。悟空とは兄弟弟子にあたる。詳細はクリリン参照。


ヤムチャ
声:古谷徹

元盗賊で、女性の前で極度にあがる癖を直す為にドラゴンボールを集めようとする。詳細はヤムチャ参照。


天津飯(てんしんはん)
声:鈴置洋孝(一時代役(Z第82・84話):山寺宏一)

鶴仙人の弟子で殺し屋を目指していたが、鶴仙人の教え方は間違ってると気付き、彼のもとを離れる。宇宙人三つ目族の末裔。


餃子(チャオズ)
声:江森浩子

元鶴仙人の弟子。金縛り・テレパシーなどの超能力が使える。詳細は餃子 (ドラゴンボール)。


ヤジロベー
声:田中真弓

クリリンと似た声の野生児(そのため、声をクリリン役の田中真弓が担当)。日本刀の使い手であり、少年期の悟空と互角なほどの武術の達人でもある。極度に利己主義的な面があり、危険な戦いは敬遠する傾向にあるが、悟空たちのピンチを救うシーンもある。特にサイヤ人来襲時の活躍が有名。カリン塔に登ってからはカリン塔で暮らしており、仙豆を悟空たちに渡す係にもなっている。アニメでは名古屋弁で話す(田中真弓が区別をつけるために行っている)。

戦闘力は初登場時は悟空や天津飯と互角の180であり、悟空の攻撃にも応えないタフさを見せ付けた。並外れた潜在能力の持ち主だったが、本人の性格ゆえその後あまり真剣に鍛えることはなく、最終的な数値は970に留まり、殆どの戦士に戦闘力を抜かれることとなる。また、作中後期の慢性的な仙豆不足は、カリン塔に住み着き始めた当時のヤジロベーが摂取しすぎたためと解釈するファンもいる。

作者がうっかりし、ジャンプコミックスの背表紙に2度登場させてしまったことは有名。

独特のボサボサ頭や、初登場時のエピソードが『未来少年コナン』のジムシーに極めて酷似していることが一部ファンから指摘されている。

名前の由来はやじろべえから。


孫 悟飯(じっちゃん)
声:阪脩、あずさ欣平(TVSP)

孫悟空の育ての親。地球人であり、悟空との血縁関係は無い。子供の頃の悟空を股に挟んで寝かしていたが、ある満月の夜に、大猿に変身した悟空に踏み殺される。亀仙人の一番弟子であり、武術の達人。酔拳を得意としていた他、ジャン拳を開発し悟空にも伝授した。スケベなのは師匠譲りか。


チチ
声:荘真由美→渡辺菜生子(Z86話〜)

牛魔王の娘。後に悟空と結婚、それ以後は恐妻ぶりを発揮することに。


牛魔王
声:郷里大輔

チチの父親。フライパン山に住む。亀仙人の2番弟子であった。戦闘力97。かつては、財宝を狙う者をことごとく殺し、「悪の帝王」と呼ばれ恐れられていた。その後は徐々に温厚になり、悟飯にとって良いおじいちゃんである。最後は曾孫まで生まれたが、師の亀仙人同様初登場時から外見はほとんど変わっておらず、パワー面も老化的な衰えはあまり無かったと考えるファンもいる。

名前の由来は、西遊記に登場する牛魔王から。


ミスター・サタン
声:郷里大輔

格闘技世界チャンピオン。詳細はミスター・サタン参照。


ビーデル
声:皆口裕子

ミスター・サタンの娘。第24回天下一武道会において、少年の部で優勝した実力の持ち主。正義感も非常に高いことから、度々警察に協力している。詳細はビーデル参照。


ドラゴンボールマニア全員集合!! もくじ

ドラゴンボール
ドラゴンボール 登場人物
ドラゴンボールゲーム
ドラゴンボールGT
ドラゴンボール 音楽

ドラゴンボールマニア全員集合!! トップページ


リミットブレイカー無効 116-I 【第4弾 ノーマル】 ミスター・サタン 102-I 【第4弾 ノーマル】 怒りの一撃 156-I 【第6弾 ノーマル】 グレートサイヤマン 120-I 【第5弾 ノーマル】 リミットブレイカー防御 136-I 【第5弾 ノーマル】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。